未来にずっと続く住まいを LONG&SMART テクノストラクチャーの家

長期優良住宅ならではの、
長く優しく良いクオリティ。
パナソニックの「テクノストラクチャーの家」

テクノストラクチャーとは
パナソニックが開発した
耐震住宅工法です。

テクノビームに代表される強い素材を構造計算によって最適に組み合わせるため安心な住まいの実現が可能です。
テクノビームとは経年劣化によってたわみやすい梁に鉄を入れて補強したパナソニックオリジナルの梁です。通常の木の梁と比べるとたわみが少なく、また長い年月が過ぎた後でも進行しないので、家全体の安全性を高めます。

日本人の大好きな木のやさしさを大切に

強度を向上させたのがテクノストラクチャーの家なのです。梁を強くすることで梁を支える柱を減らすことができるので、広々としたリビングや大きな吹き抜けなど開放的な空間が現実します。そして構造計算によって強さの裏づけをおこないます。

実物大の住宅で耐震性能を実証
主要構造体および
接合金具の損傷・変形なしを確認。

テクノストラクチャー工法では、耐震性能こそ住まいの基本条件と考え、阪神・淡路大震災と同じ地震波形で実大実験を実施。この結果、震度7の激震を5回与えても構造強度に影響のない、高い耐震性を実証しています。

地震に強い家づくりをする上では
「構造」がとても大切です。
ですが、
「家の強さ=部材の強さ」ではありません。

テクノストラクチャーの最終試験棟を襲った阪神・淡路大震災。 その年のうちに詳細なデータをはじき出し、それを使って実際に確認するため、 世界最大級の振動施設で実物大の住宅を使った耐震実験を実施。 耐力壁の量を減らしたり、仕様を変えたりしながら振動実験を実施しました。

実験後の調査では、主要構造体および接合金具の変形や損傷が見られないことが確認され、耐震性の確かさが確認されました。

しかし、住宅の大きさや間取りが変わるとその住宅の強さも変わります。ある特定のモデル住宅による耐震実験の結果が全てにあてはまるとは言えません。だから構造計算を行い、その安全性を確かめてます。

たとえば車の場合、どんな良い部品を集めても全体のバランスが悪いと台無しになってしまうため、事前に衝突実験を行い商品全体としての強度を確認しています。

地震に強い家をつくる上では
家の骨組みのバランスや強さを
確認することがとても大切です。
その確認を行うのが「構造計算」です。

構造計算という言葉は、2005年の耐震偽装問題によって広く一般に知られるようになりました。

ビルやマンション、木造でも3階建以上の建物等は、構造計算が法律で義務付けされていますが、2階建以下の木造一戸建住宅(延床面積500㎡未満)には義務付けられていません。

パナソニックが考えたのは、すべての住宅においてこの構造計算(災害シミュレーション)を行うというものでした。

通常の木造建築ではあまりチェックされていない部分まで、基礎や柱、梁など388項目に及ぶ緻密なチェックをして、地震や台風の時にかかる力をシミュレーションしています。

「自動躯体設計システム」の構造計算で
こんなにしっかり強度をチェック。

一棟ごとに、柱・梁・基礎から接合部に至るまで、地震・雷・暴風など建物に伝わるさまざまな力に耐えうるかチェックします。

の強さと床面にかかる力

耐力壁が十分な強度を発揮するために、それらをつなぐ床面・屋根面などの水平面も徹底的にチェック。
大きな力がかかる部分には、より強度の高い床を配置します。

の強さ

柱に生じる力
床や屋根の重み、地震や風などにより柱にかかる力をチェックします。
柱接合部にかかる力
柱と土台などをつなぐ金具部分にかかる力をチェックします。

基礎の強さと基礎にかかる力

家の重み、地震や風などにより基礎にかかる力をチェック。大きな力が生じる部分にはより太い鉄筋を入れたり、鉄筋の本数を増やして強度を確保します。

の強さ

梁に生じる力
床や屋根の重さにより梁にかかる力をチェック。梁の配置の変更や、より強度の高い梁を配置することで、耐震性をアップします。
梁接合部にかかる力

梁をつなぐ金具部分にかかる力をチェックします。

耐力壁の強さ

耐力壁の量

地域に応じた積雪量や風の強さも考慮した上で、十分な量の耐力壁を確保します。

耐力壁の配置のバランス

耐力壁の配置バランスのチェックに「偏心率0.15以下」という基準を用いて全体的な壁配置をチェックします。

独自の接合金具で、部材の切り欠きを減らし、
木造の「弱点」を強化します。

テクノストラクチャーでは、切り欠きを最小に減らし、接合強度を高めた金具で住宅の強度を高めています。

<柱と梁(土台)の接合部>

在来工法の場合

一般的な木造の「ほぞ加工」では、木が極端に細くなり強度上弱くなる場合があります。また、接合部を増強する金具を取り付けるので、さらに切り欠き部分が多くなる場合もあります。

切り欠き部分:ほぞ加工等を行った際に、木材を切り欠いた部分

テクノストラクチャー工法の場合

柱と梁や土台など、引き抜き力がかかる接合部には、ほぞ金具にドリフトピンを直角に打ち込む「ドリフトピン接合」で引き抜き力に対抗。さらに、木材の切り欠きを最小限にするためのオリジナルの接合金具も採用しています。

オリジナル接合金具仕様で、
すべての部位に高強度を実現

ドリフトピン接合以外の部分も、柱・梁・筋交い等の主要構造部の接合に、オリジナル接合金具を使用。
テクノビーム同士の接合部は、ボルト接合で強度を高めています。

ドリフトピン接合による、
柱引き抜き強度を実証

テクノストラクチャーの柱の引き抜き強度は、一般的な木造接合金具を使用すた場合と比べて約30倍。ピンを打ち込むだけで安定した強度を発揮します。

安心できる家づくり TECNOSTRUCTURE CATALOGUE

テクノストラクチャーを
より知りたい方はPanasonic
テクノストラクチャー公式ページ
を御覧ください。

家族みんなの「すき」で
選んでいく、「カッコハウス」

kakkohouse(カッコハウス)のモデルハウスがオープンします。
『すき、を集めてくらそ』をコンセプトに、かわいい雑貨や家具の
似合う、ナチュラルなデザインのお家に仕上がりました。

たくさんの「すき」を見つけに来てください。
ワークショップやイベントも開催予定です。